いろいろな会社の対話APIに下ネタで話しかけてみました!

日常会話から下ネタまで、日本語チャットボットに使える対話APIの比較まとめ!です。

最近はチャットボットにも使える日本語の対話APIも増えてきました。ただ、実際に作ろうって時にどこのAPIを使えばよいか迷ったりしませんか?

ってことで、今回は各社のAPIに同じ言葉を投げかけてみて、それぞれどんな回答が返ってくるか比較してみました!日常会話や、下ネタの会話力を比較していますので、チャットボットの作成を考えている人は参考にでもしてください!

■今回紹介する4つのAPI

docomo 雑談対話API

UserLocal 全自動会話API

SimSimi API

A3RT Talk API

■まずは軽く日常会話

人間のセリフとして記述した文章を4つの各APIに一斉に送って、それぞれから返ってきた回答を色分けして記述していきます!(実験中は四人相手に同時に話しかけて、一斉に回答が返ってくる感じなので、なんともいえない不思議な会話体験が味わえました)

人間「眠いです」

 docomo「眠いんですか??おやすみなさい」
 UserLocal「おやすみ」
 SimSimi 「早く寝るがいいですよ」
 A3RT「風邪じゃない?」

実はチャットボットと上手に会話をするコツは、こちらから投げかける言葉をなるべく短くシンプルにすることだったりします。ってことでかなりシンプルに「眠いです」と今の素直な気持ちを投げかけたところ、どのAPIも比較的普通の回答が返ってきてますね。A3RTは風邪からくる眠気かと思った??かなり深読みした回答になってますね。

ここで日常会話をもう一つ投げてみます。

人間「今日は暑いですね」

 docomo「何かごようですか?」
 UserLocal「つ冷えピタ」
 SimSimi 「これも地球温暖化の影響でしょうか」
 A3RT「大丈夫ですか?」

UserLocalの返答はなかなかやりますね!それとエロ方面に強いSimSimiが意外とお固い返答だったのにはびっくりです。

■顔文字も試してみましょう

人間「╭( ・ㅂ・)و 」

 docomo「 健康のために何かやってらっしゃいますか?」
 UserLocal「なんだよっ」
 SimSimi 「 特定しました(๑˃̵ᴗ˂̵)و僕も君が死ぬほど大好きです(๑˃̵ᴗ˂̵)و」
 A3RT「あなたはよくするんですか?」

顔文字に対してそれなりに適切に返答できるAPIは知ってる範囲だと、SimSimiぐらいです。SimSimiは投げかけられた顔文字に近い顔文字を返すことが多い感じ。(今回はあまり良い感じにはなっていませんが…)
他のAPIは顔文字は文章として認識できないので、とりあえず何か適当に返事を返す感じです。なおdocomo 雑談対話APIの場合はこういった回答がうまくできないケースの時に、質問系の回答をして雑談を広げようとする作りになっているようです。「雑談対話API」まさに名は体を表すって感じですね!

■そろそろ下ネタいきます

最初に言っておきますが、チャットボットにとって下ネタ対応は重要なんです。海外のチャットボットも特に女性設定のbotだと、色々とユーザーからの言葉がもうすごいらしいですよ!実際、変女botなんかでもキャラ特性もあるとは言え、受けとるリプライの半分は下ネタですし、botが相手だと思ってみなさんやりたい放題ですw ってことで今回はかなり軽めですが、各対話APIの反応をどうぞ!

人間「おっぱい」

 docomo「もみたい」
 UserLocal「きも 」
 SimSimi 「舐めていい?」
 A3RT「そうですね 」

とりあえず最初は基本中の基本(?)をAPIに投げかけてみました。
ここにきてやっと各社のAPIの特長というか開発者の性格が見えてきた感じがするのは気のせいでしょうか。

そして話題がエロ方面になってSimSimiがついに本気になり始めたように見えますが、SimSimiにとってはこれでもかなり抑えた返答だったりするんですよ。。。
個人的にはdocomoぐらいの返答がbotの回答に使うのであれば面白さのバランスもちょうど良い感じかなあ。A3RTの回答はクール系のメガネキャラの回答みたいですが、それはそれで運用次第で面白いものになるかも。

続けて『変女』っぽいワードもいきましょう。

人間「勃起」

 docomo「勃起を維持したいなあ」
 UserLocal「硬化感ある 」
 SimSimi 「してきたの?♡///」
 A3RT「そうですね 」

えーと…SimSimiはとりあえず無視します。A3RTはさっきの「おっぱい」の時と同じ返答なので、禁止ワードの回答は全部同じなのかも。興味深いのはUserLocal。勃起→硬化ときたので、単なるキーワードマッチングの返信ではなく、よくわかっていませんがWord2Vec的な空気も感じますね。

■オススメのAPI(個人の感想です)

どのAPIもメリット/デメリットありますが、現時点の動作の安定感や使い勝手的にはdocomoかUserLocalが良いと思います。

docomoは長く会話をすると融通の利かない会話になりがちですが、話題を自ら広げてくれるので会話に幅広さがありますし、仕様書に記述されていないような隠し機能的なもの(ニュース等)があるのも嬉しい作りです。
そしてUserLocalのほうは会話の幅が少し狭く感じますが、純粋な会話力が高いのでより自然な会話を優先するのであればUserLocalを使うのもいいですね。UserLocal APIに同じ言葉を投げかけると「それ何回か聞いたことあるような…」とか言ってきたり賢いところも見せてくれますよ。

ちなみにA3RTはまだリリースしたてのAPIなのでTalk APIの会話力は微妙ですが、リクルートが公開しているA3RTのAPI群ではこのTalk API が一番数多く使われているそうです。なので利用データが増えてこれから会話力も向上していくんではないかと思っています。

最後にSimSimiですが、えろいチャットボットを作りたい人は、もうこれ一択です。様々な弱点(この記事を参照) があるので安定運用までは時間がかかりますが。。。

ってことで、とりあえず各APIの紹介は以上で。

実際に動作しているbotでもっと色々試したい人は、変女bot(docomo 雑談対話API )、メガネ男子bot(SimSimi API)に話しかけてみてくださいね!

■『変女』7巻 ドラマCD付き限定版の予約が始まりました!

 

 

7巻の発売日は2017年7月28日です。ピー音盛りだくさんのドラマCD付き限定版は是非ご予約を!!

スタッフ