『変女』6巻 冒頭シーンの裏話を聞いてきました!

■『変女』6巻発売中ですよ

変女6巻が発売されて約1週間が経ちましたが、編集部からの連絡ですと結構売り上げ好調らしいです!特にCD付きの限定版の方は、出版社の在庫のほうも全て出し切ったとのことで、今現在市場に出ているものでラストだそうです。

だいぶ売り切れ報告も頂いているので、これから買おうとしている場合リアル書店で探すのも大変かもしれませんが、大きめの本屋さんならまだあるっぽいですよ。あとはAmazon等のネット書店も検討してみてください。

 

ちなみに電子版のほうですが、確認していないのではっきりとはわかりませんが、いつものパターンだとたぶん紙の本の1ヶ月遅れで配信となる気がします。今月末までもう少々だけお待ちください。いつも待たせてしまい申し訳ありません!

そういや「リアル書店」とか「紙の本」って言葉、何気に最近できた新しい言葉ですけど、すっかり定着しましたね。。。

■『変女』6巻 ドラマCDの個人的に好きなポイント

限定版のドラマCDの個人的に好きなポイントですが、1番は流河ちゃん初登場回となるこのシーンの千子のセリフです。

blog_20170204

千子のクールさの奥にある、ほんの少しの幼さというか、悪戯っ子な感じが、このセリフの「しました」ってセリフの語尾に微妙なニュアンスで現れていてすごく気に入ってます!っていうかもう全体的に千子のセリフの語尾が良すぎます。。ドラマCDをお持ちの方は是非もう一回聞いてみてください!

あと好きなのは収録後の座談会ですかね。リラックスした雰囲気なのになぜか座談会までピー音連発ですよ!

■確信犯

6巻は最初っから飛ばしているというか、いきなりこんな感じの大惨事から始まります。

https://twitter.com/mbfh_amenizi6/status/825702217663467520

よしる先生に確認したところ、どうやら6巻の最初にこの話が来るように最初っから狙ってたらしいです。このために話数を気にして描いてたそうで…。完全に、、確信犯!

(スタッフ